日々のいろいろ

日々を綴ったほとんど日記

Blenderのスカルプトの進め方

スポンサーリンク

まえがき

以前から少しスカルプトの話を、してはいます。

legendimposter.hatenablog.jp

legendimposter.hatenablog.jp

ただ、実際にどうすれば良いのか紹介していませんでした。

ですので、実際に30分程度でワニやドラゴンに応用できるようなスカルプトをして行きます。

環境

Blender 2.90.1

ペンタブ

XP-Pen ペンタブ Decoシリーズ 携帯:Android6.0以上端末対応 ペンタブ 10x6.25インチ エクスプレスキー 8個 Deco01 V2

スカルプト

早速スカルプトして行きます。

Blenderを開いたら、新規ファイルからSculptingを選択します。

f:id:legendimposter:20201027020456p:plain

馴染のクアッドスフィアさんが出てきます。

f:id:legendimposter:20201027020728p:plain

テンキーでカメラを平行投影で動かして、グラブツールで形を整えます。

f:id:legendimposter:20201027020936p:plain
f:id:legendimposter:20201027020946p:plain

生地をこねるくらいの変形ですね。

次に、口になる部分を伸ばします。

お好みのツールで以下のような形状にします。

f:id:legendimposter:20201027021422p:plain

目元を作ります。

 ドローツールをCtrlキーを押しながら使うと凹ませることが出来るので、とりあえず球状にスカルプトして行きます。

実際に作業を進めていく時はスフィアを用意して、それに合わせてスカルプトして行くのが良いと思います。

f:id:legendimposter:20201027132720p:plain

鼻も同じ原理でスカルプトして口元を作ります。

クリースツールを使って大まかな形状をスカルプトします。

f:id:legendimposter:20201027132853p:plain

マスクを使いながらグラブツールなどで調整して行きます。

f:id:legendimposter:20201027133227p:plain

口元を歪ませる事でワニ感が増します。

f:id:legendimposter:20201027133342p:plain

鱗はテクスチャでスカルプトして行きますが、その前にリメッシュを行います。

ボクセルサイズはこれくらいで。

f:id:legendimposter:20201027133451p:plain

各自でテクスチャを用意して貰っても良いですが、僕は面倒なので、とりあえずBlenderのボロノイを使います。

仕上がりとしては以下のような感じです。

ここから更に進めて行けばドラゴンにでもワニにでもなると思います。

f:id:legendimposter:20201027133819p:plain

スカルプトは粘土弄りみたいで楽しいので是非とも皆さんにも始めて頂きたいですな~